詳しく知りたい!不用品回収で扱われている品目・種類

不用品回収を利用するなら知っておきたいごみの種類とは?

ごみについて知ろう

私たちの生活の中では、必ず何かしらのごみがでてきます。
それは食品であったり、日用品であったりと、様々な種類がありますよね。
大抵の場合は、ごみ袋に集めて、その地域が指定する通りに分別し、家の近くまたはマンションのゴミ回収室など、指定された場所にごみを出すかと思います。
地域によっては、ごみの分別が細かく分けられていたり、燃えるごみと燃えないごみを分けなくてもよかったりと、その回収方法は変わります。

しかしごみは、何もこういった一般ごみだけではありません。
例えば一般家庭の引越しのときや、事務所のリフォーム、引越しなどに伴い、いわゆる粗大ごみが出てくるかと思います。
引越しなどをしなくとも、家電などは古くなってしまって使えなくなったり機能が不十分だったりといった理由で、新しいものに買い換えることはよくあることではないでしょうか。
こういったごみは、種類によっては地域の行政の管轄外であることもあり、回収が難しい場合があるのです。
また、粗大ごみとして出すには自分たちで指定の場所へごみを持っていかなくてはなりませんが、重かったり大きかったりするものは持ち運べないこともあります。

では、わたしたちはこういったごみをどうすれば捨てることができるのでしょうか?
答えとしては、最近よく耳にする、不用品回収業者に依頼してみるのが良いかもしれません。

このサイトでは、そんな不用品回収業者が回収してくれるごみの品目や種類について詳しくご紹介していきます。

ごみはどう処理する?

まずは、このサイトのテーマでもある不用品やごみについて詳しくお話します。 不用品回収業者が回収してくれる具体的な品目や種類を知る前に、まずはその言葉の定義を知る必要があります。 言われてみれば意外と知らない、不用品と不要品の違いなどをご紹介していきます。

家庭からでるごみはなんでもOK

家庭から出てくるごみには様々なものがあります。 1日過ごすだけでも、人は多くのごみを排出します。 この中でも、一際ごみに出すのが大変そうなものは、不用品回収業者に頼むのがよいかもしれません。 このページでは、家庭から出てくるごみのうち不用品回収業者に回収してもらえるごみの種類をご紹介します。

法人ごみもおまかせ!

不用品回収業者は、法人にも強い味方となってくれます。 何かとオフィスで出てしまう機密情報を含む紙のごみや、頻繁に買い換える機材など、そのままごみとして捨てられないものも、不用品回収業者に任せればらくちんです。 このページでは、法人ごみで不用品回収業者が回収してくれるごみについてご紹介します。