法人ごみもおまかせ!

お店のものも回収可能!

家庭ででる粗大ごみのほとんどが回収してもらえることが分かりましたが、実は不用品回収業者では法人を対象に回収を行ってくれるところが複数あります。
実は、行政のごみの回収の場合、事業性のあるもの、すなわちお店のものなどは回収してもらうことができません。
ここで頼りになるのが不用品回収業者なのです。

例えば、店舗を構えている法人の場合は、商品を展示する棚やケースなどが必要ですよね。
しかし古くなったり、店舗の規模が変われば買い換える必要があります。
また飲食店の場合、業務用の大きな冷蔵庫やシンクといった、調理に欠かせない大きな備品があります。
これらは、実は不用品回収業者で回収してもらうことができます。
不用品回収業者ならではのサービスなので、店舗のリフォームなどを考えていて、不用品が出てきそうだな、という場合はぜひ不用品回収業者に一度相談してみると良いかもしれません。

機密書類からパソコンまで

ビルの一角にある企業のオフィスで使用している備品等も、不用品回収の対象になります。
社員用パソコンなど、個人や法人の重要なデータが入っていたものや、機密書類など安全に配慮して処分しなくてはならないようなものも、適切に扱って回収してくれる業者があるのです。
もちろんコピー機や会議用の大きな机、電話機から観葉植物に至るまで、オフィスにあるもののほとんどを回収してもらうことができます。
通常こういったごみには捨てる前に様々な処理をしなくてはならず、とても面倒なのですが、不用品回収業者に依頼してしまえばそのまま回収してくれるため、そういった処理は必要ありません。

ある程度捨てるものが決まったら、一度見積もりをしてもらうようにしましょう。


不用品回収を利用するなら知っておきたいごみの種類とは?

この記事をシェアする